神戸三ノ宮〜西宮を中心に兵庫県全域に電気、空調の設計施工なら小城電気にお任せください。

OGI DENKI 小城電気株式会社

メニュー

お役立ち情報

2013.01.14

たこ足配線は火災のもと

どうして発熱する?

電線にⅠ(アンペア)が流れると、電線の抵抗R(オーム)によって、t秒間にI²RT(J:ジュール)の熱量を発生し、この発熱作用によって電線自身の温度が高くなります。電線やコードなどは電流が小さいときは発熱量が少なく、熱は外部に放出されるので熱くなりません。ところが電流が大きくなると発熱量も大きくなるため、熱は外部に放出されにくくなり、電線やコードは非常に熱くなります。このため、電線やコードをおおっているゴムやビニルなどの絶縁物が劣化したり、溶けたり燃えたりして漏電、感電、火災などの事故を起こすおそれがあります。

一般家庭では電子レンジ、トースター、ドライヤー、炊飯器等の熱源機器が電気容量が大きく、1つの安全ブレーカーに対して2つ以上の熱源機器を同時に使用すると安全ブレーカーは遮断されます。 対策としては各回路を確認し、同じ回路の場合、時間をずらして使用する、違う回路で使用する、分電盤から専用回路を増設する、等の方法があります。くれぐれも安全にご使用お願いします。

 

兵庫、神戸で電気・空調・アンテナ工事は小城電気にお任せ下さい! 

お問い合わせ先:小城電気株式会社(OGIDENKI)

フリーダイヤル0120-03-1986

番号をタップして発信

ファックス0120-652-1985

[電話での受付時間]9:00から18:00まで(定休日:水曜日)

メールでのお問い合わせはコチラ

  • ご家庭の電気工事をお考えのお客様
  • 会社・店舗の電気工事をお考えのお客様
  • 他社との違い
  • 会社概要
  • エアコン工事年間2000台以上
  • 店舗改修工事を真剣にお考えのオーナー様失敗しない電気工事のポイント
  • 施工事例
  • 料金一覧